ショートブーツ ドクターマーチン 修理事例 名古屋東店 愛知 洗浄クリーニング 靴・ブーツ

ブーツカビ痕残ってないです?クリーニングも対応できるお店 革研究所

2019/12/27

革製品の商品は多くございます!

その全てが同じグループとして、考えておられる方も多いです。

 

どんな革でも、同じようにすれば良い。わけではございません!

その革にあった、メンテナンスやクリーニングが必要になってきます!

そんな革の状態を見極め、よりベストな修理・修復・染め直し=リペア方法を提案するのが、革リペアプロショップ 革研究所でございます。

 

 

 

皆様 おはようございます。

革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させていただきますブランド商品は、カビてしまったブーツでございます。

 

どうしても日本では湿気が多いため、カビてしまう事例が多くございます。

革張りソファ―の脚の方に、何か見たこともない点々がある!

何か、カビ臭い匂いがする!

そんな風にカビてしまった、ドクターマーチンのレザーブーツの修理でございます。

 

雨ざらしになってしまい、オフホワイトのレザーブーツがカビてしまい、ご相談に来られました。

まずはそのカビを除去する為に、丸洗いをさせて頂きました。

※最近では洗っても革が縮まないため、臭いやカビの場合には提案させて頂く洗浄クリーニング

表面的にカビが取れても、根まで取り除く必要があるためでございます。

その洗浄クリーニング後、カビ痕が残ってしまったため、再度表面を作り直す色入れリペアをさせて頂きました。

それでは、ショートブーツの修理・修復・染め直し=リペアのリペア写真をご覧ください。

Before After
写真 2019-07-17 9 23 42 写真 2019-08-10 11 06 44
写真 2019-07-17 9 26 55 写真 2019-08-10 11 07 04
写真 2019-07-17 9 27 08 写真 2019-08-10 11 07 21
写真 2019-07-17 9 27 22 写真 2019-08-10 11 07 49
写真 2019-07-17 9 27 35 写真 2019-08-10 11 08 08
写真 2019-07-17 9 27 12 写真 2019-08-10 11 07 32
写真 2019-07-17 9 27 18 写真 2019-08-10 11 07 42

洗浄クリーニングで洗っただけの状態では、まだまだカビ痕がございました。

革のお色がオフホワイトだったという事もございますが、そのままで履けないという事で、表面的に修復させて頂きました。

元色と思われる部分のお色を参考に修復していきました。

 

カビ痕も消え、これでまた履ける状態に戻ったと思います!

いかがでしょうか?

 

 

 

この時期どうしてもこのようにカビてしまう事例が多いです。

お靴だけではなく、革張りソファーや椅子・チェアも同じです。

革と革が重なっている部分、見た事ございます!

見て見ないふり、していません?

カビが繁殖してしまう前に、手を打ちましょう!

 

 

またバッグの内側も同じようにカビてしまいます。

そのような場合も洗浄クリーニングで対応可能でございます。

劣化しべたついてきている状態になりますと、内袋・内張り交換といった方法も提案可能でございます。

内袋・内張り交換、ほつれ修理等 縫製修理特集はこちら!

 

 

使えないと捨ててしまう前に、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-ショートブーツ, ドクターマーチン, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 洗浄クリーニング, 靴・ブーツ
-, , , ,