こば再生 アパレルブランド イントレチャート ボッテガ・ヴェネタ レシッズ 修理事例 名古屋東店 愛知 長財布 2つ折り

ボッテガヴェネタ財布の色ハゲ?剥がれ?所々色が違うんですが

2021/06/18

多くのブランド品が出ており、高額な商品も多くございます。

いろいろな革が使われておりますよね!

動物の革もあれば、爬虫類系の革もあります。

 

あなたがお持ちのレザー製品

何革が使ってありますか?

牛ですか? 羊ですか? 仔牛ですか? 仔羊ですか?

見てもわからないですよね!

牛か羊の違いは判別できても、何歳の牛or羊かなんて、わからいですよね????

 

メーカーにもよりますが、メンズとレディースで革の種類 牛と羊に分かれているブランドもございます。

メンズはお財布をお尻のポケットに入れるので、男性用財布はカーフ(仔牛)

逆に、レディースはお財布を鞄の中に入れるので、ラムレザー(仔羊)が使われております。

新品で購入する際は、そのような違いから選ぶそうです。

また、大きい牛の革になりますと、背中面とお腹周りとでは革の強度が違ってきます。

もちろん、背中の方が強度があります。

そのような部分を、ソファや椅子の座面に使い、多少柔らかいお腹周りの革は、それ以外の部分に使う。

更に言えば、自然に生きている牛

当然、引っかきキズなどや炎症を起こしてしまい付いてしまった自然なキズ、中には刻印(数字の番号)を押された革もございます。

取り都合にもよりますが、そのような傷を避け使います。更に良い部分の革しか使わないメーカーですと、革が何枚も必要になるので、高額になってしまいます。

※基本的には傷を隠すために、塗装してある場合が多いので、わからないと思います。

 

そんな高級革家具のお直しから、ブランド製品のバッグ・財布・ジャケット・靴などを修理・修復・染め直し=リペアができるお店が、レシッズ革研究所でございます。

愛知県豊川市に工房がありますが、名古屋東店という店名もあり、また元々守山区でも工房を構えていたため、名古屋市内のお客様からも、多くご依頼いただいております。

もちろん、県外の方からも送っていただく流れになりますが、対応いたします。

気になる商品がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル 0120-134-939 平日10:00~18:00 土・日休み

 

商品を撮影いただき、ホームページ LINEバナーより入り、お友達になっていただき、商品写真をお送りください。もしくは、HP内にあります、「注文&見積 受付」よりお入りいただき、ご入力ください。

レシッズ革研究所 名古屋東店 LINEで簡単お問い合わせはこちら!

※ソファ修理・椅子修理はお写真が必須となります。その理由として、革の劣化具合により、お直し方法が全く異なってしまう為です。修理方法が異なるとなれば、その分修復費用も違ってきてしまうので、ご理解いただければ幸いです。

本革製品になりますので、人の肌と同様、歳をとっていきます。

歳をとり過ぎてしまうと、表面的なお直しでは対応できず、交換・張り替えになってしまいます。

張り替え修理もできますが、張り替え修理の方が高額になってしまいます。

そのような点を考え、表面的な修理ができるタイミング時にご相談下さい。

 

 

 

皆様 こんばんは

レシッズ名古屋東店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させていただく商品は、編み込み製品で有名なブランド

ボッテガヴェネタ【Bottega Veneta】イントレチャート 長財布でございます。

ラムレザーかカーフであり、その革の上に茶系の塗装がしてあるタイプでした。

その塗装膜が長年のご使用で剥がれてしまい、みっともない!!!と、言うことでご相談いただきました。

 

ボッテガヴェネタになりますので、革の柔らかさを重視する為に、薄い塗装膜で仕上げております。

その膜を新しく作り直すイメージで、ご提案させていただきました。

それでは、ボッテガヴェネタ【Bottega Veneta】イントレチャート 長財布の革表面修理・修復・染め直し=リペア写真をご覧ください。

Before After
IMG_0239 施工後 (1)
IMG_0243 施工後 (5)
IMG_0250 施工後 (16)
IMG_0254 施工後 (17)
IMG_0255 施工後 (18)
IMG_0260 施工後 (23)
IMG_0259 施工後 (22)

革面のスレはもちろん、コバ面と言いまして、革の断面もお直しいたしました。

革の断面部分から水分が入らないように、樹脂系の塗料で覆ってあります。

お財布の蓋を開閉する事で、毎回収縮する部分でありますので、このようにひび割れてきてしまう部分です。

革面の補修塗料とは柔軟性が違いますので、別作業としてコバ再生をしていきました。

しっかりとコバを盛って仕上げていきました。

 

新品時の柔らかさを重視し、新しい表面を作っていきました。

いかがでしょうか?

 

 

 

今回のように表面を修復することで、多少の硬さは出ますが、スレ傷が付きにくくなります。

更に汚れがシミ痕に残りやすかったのが、シミ汚れが付きにくくなりました。

もちろん、革の状態ありきですが、長く使っていけるように、お直しする事もできます。

取り扱い方がわからない、本革素材。

気になる点がありましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

 

ソファ修理、エナメル修理、などなどもお受けいたします。

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

レシッズ革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
レシッズ革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-こば再生, アパレルブランド, イントレチャート, ボッテガ・ヴェネタ, レシッズ, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 長財布, 2つ折り
-, , , , ,