イス・ソファ・チェア 修理事例 名古屋東店 愛知 長椅子 3人掛け(トリプルソファ)

革張りソファーの色ハゲ・色落ちが危険な理由?どんな状態か教えます!

2021/01/22

あなたがお持ちの革製品

バッグや財布、靴・ジャケット・ソファー・イス・チェアなどなど

 

中には

「これって、革?」

「革だと思うけど・・・」

お使いの商品が、どんな素材なのか????????なんて、考えた事ないですよね!

使っており、傷んできて初めて、お直しができるのかな?と、調べる。

こんな感じですよね?

 

革と言いましても、いろいろな革がございます。

動物の皮から腐らないように、鞣され革になります。

その後、どんな加工をしたのか? で、全く違うものになります。

お持ちの商品は、何色でしょうか?????

赤色・青色・黒色・黄色・緑色 などなど

皮から革に鞣された時点では、ウエットブルーと言って青白い感じです。

染めてあるだけの革もございますが、革の上に塗ってある革も多くございます。

特に大型家具類のソファ―やお椅子になりますと、人が乗る商品となります。

強度も考えて作られるため、塗り革を使用してあるソファ―や椅子も多いです。

 

この塗ってある面がスレてしまい、ハゲてしまい、革の地肌が出ている状態になりますと

そこから乾燥が急激に進展し、どんどん乾燥していきます。

乾燥しひび割れてしまう革もございます。

そのまま使い続けますと、乾燥しきってしまい、パキパキと折れてしまいます。こうなってしまうと、表面的な修理・修復・染め直し=リペアが厳しくなり、張り替えや交換修理となってしまいます。

この張り替えや交換修理と言うのが、最も高額な修理となってしまいます!

こうなる前に、まずはご相談頂ければと思います。

 

フリーダイヤル 0120-134-939 平日10:00~18:00 土・日休み

商品を撮影できる方は、LINEやメールからお写真を送っていただくと、非常にスムーズとなります。

手遅れになってしまう前に、まずはご連絡を!

 

 

 

 

皆様 こんにちは

革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させていただく商品は、3人掛け 本革ソファ―の革面 修理・修復・染め直し=リペアでございます。

毎日座るソファ―で、一番擦れるのは、何と言ってもお尻の乗る座面です。

座る際の摩擦から、革の上にある赤色の塗装膜がスレてハゲてしまい、ご相談くださいました。

このまま使い続けても、元の状態に戻ることはございません。

では、そのままですと・・・・

当然、革を新しくする=張り替えとなってしまいます。

 

そうなる前にという事で、3人掛け 革張りソファーの革表面を修理・修復・染め直し=リペアしました、お写真をご覧ください。

Before After
写真 2020-11-19 16 12 26 施工後(3P) (2)
写真 2020-11-19 16 13 04 施工後(3P) (10)
写真 2020-11-19 16 12 34 施工後(3P) (4)
写真 2020-11-19 16 13 19 施工後(3P) (12)
写真 2020-11-19 16 13 48 施工後(3P) (16)
写真 2020-11-19 16 14 59 施工後(3P) (21)
写真 2020-11-19 16 13 31 施工後(3P) (14)

革の上に乗っている赤色の塗装膜がスレて、ハゲているのがわかっていただけると思います。

ハゲてしまっている所は、高低差は少ないですが、多少凸凹しておりました。

劣化し乾燥してしまった塗装膜を除去しながら、クリーニングしていきます。

表皮の無くなって部分をメインに、新しい表面を作っていきます。

お色は、原色を元に、オリジナルに近い部分のお色を作り、修復していきました。

 

傷んでいない部分も薄めの膜を施し、強度も確保し仕上げていきました。

革面の膜もできあがり、喜んでいただけました。

 

今後は、乾燥させないようにメンテナンス=クリーニング&保湿をしていく事で更に長く使えるようになります。

いかがでしょうか?

 

 

 

本革素材であれば、やはり乾燥させないように、保湿してあげるメンテナンスが必要になります。

では、何を使ってメンテナンスしてあげれば良いのか?

お持ちの革製品の種類・加工方法の違いにより、それぞれのやり方がございます。

その革に適したやり方で無いと、いけません。

しっかりと熟知しメンテナンスを・・・・

が、なかなか難しいと思います!

 

そんなお困り事も、お気軽にご相談ください。

もちろん、当店でも対応いたしますよ!

 

 

皮革製品のクリーニングからメンテナンス方法、スレ傷部分補修、変色黄ばみ修理、エナメルバッグのべたつき補修、椅子張り替え、ブランドロゴマーク金具の再メッキ加工やホック交換、ファスナー交換・ソファひじ置き木部再塗装・・・・

気になる商品がございましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-イス・ソファ・チェア, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 長椅子, 3人掛け(トリプルソファ)
-, , , , , ,