バレーシューズ パンプス・ハイヒール レペット 修理事例 名古屋東店 愛知 靴・ブーツ

エナメル靴修理、張り替えなくてもいいの?業者さんもお気軽にご相談下さいね

エナメル加工した革で作られているブランドも多くございます!

ラムレザーやカーフの上に、エナメル加工をしてある場合は、やはり柔らかいです。

その反面、エナメル膜が乾燥し革が破れてしまう! なんて事もございます。

特に、エナメル靴(パンプスやドライビングシューズ等)です。

 

また、ハイヒール靴のヒール部分が溝にはまりめくれてしまった時は、やはり近所のクツ修理屋さんに行きますよね?

基本的に靴修理屋さんですと、張り替え交換を進められます。

でも、その色の革が無い場合、断られてしまいます。

また、エナメル製品は変色したり黄ばんでしまう性質があるので、カカト部分を新しい革で張りかえても、若干お色が違ってきてしまいます。

 

だからと言って諦めずに、まずは革研究所にご相談下さい!

靴修理屋さん自社での対応が無理と思っ場合でも構いませんよ!

そんな業者さん(靴修理店、家具販売店、椅子張り替え屋さん、クリーニング店主、リサイクルショップ店さん、などなど)も、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

皆様 おはようございます

革研究所 名古屋東店の陶山(すやま)です。

 

本日ご紹介させて頂く商品は、レペット【repetto】と言う、フランスに設立されたバレーシューズのブランドメーカーです。

そのメーカーのエナメル靴で、お色はブラウン系でございます。

薄い革の上に、エナメル加工がしてある、ローファータイプです。

でも、つま先が裂けてきてしまい、これ以上酷くなる前にと、ご相談いただきました。

その部分だけのお直しですと、強度が確保できない点もありましたので、左右ともエナメル膜を強固にする内容で、お薦めさせていただきました。

 

それでは、レペット カーフ パテントレザーのフラットシューズのエナメル面 修理・修復・染め直し=リペア写真をご覧ください。

Before After
写真 2020-04-29 17 55 39 写真 2020-05-15 17 17 03
写真 2020-04-29 17 55 43 写真 2020-05-15 17 17 13
写真 2020-04-29 17 55 50 写真 2020-05-15 17 17 20
写真 2020-04-29 17 56 23 写真 2020-05-15 17 18 53
写真 2020-04-29 17 56 10 写真 2020-05-15 17 18 33 (1)
写真 2020-04-29 17 57 03 写真 2020-05-15 17 19 45
写真 2020-04-29 17 55 55 写真 2020-05-15 17 17 38

つま先のひび割れ部分から今にも足の指が出てきてしまう程、裂けそうになっておりました。

かろうじて完全に裂けるまではいっておりませんのでしたが、今後も同じようになる可能性を考え、強度重視で裂け部分を修復いたしました。

柔らかいカーフレザーなので、今後も裂けやすい点を考え、左右ともエナメル加工を施し、できるだけ長く履いていただけるように仕上げました。

カカト部分も履き入れる際に、折れ曲がる部分が細かく裂けておりました。こちらも強度を考え、修復していきました。

 

強度を考え! と、ありますが、現状よりは強度が出たとお考えください。

エナメル膜の中を湿気が行き来し、エナメル膜が乾燥してきますと、またひび割れてしまいますので、ご注意し保管してください!

 

お色も変わることなく、つま先のひび割れも修復でき、エナメル独特の光沢も維持し、綺麗な状態でまた履けるようになったと思います。

いかがでしょうか?

 

 

 

革研究所では、今回のようなエナメル修理も得意としております。

いろいろな事例があるので、その目でご確認下さい。

エナメル修理写真を、隅々までご確認下さい。

 

細かなアパレルブランド製品修理もございますが、大きな本革ソファ修理も得意なんです!!!!!

柔らかいラムレザーのジャケット修理もできますが、厚い革の革張りソファ修理として、張り替えない修理方法もご提案できるんです!

 

革は一生もの。 といいますが、やはりメンテナンスが命です。

自分の肌と一緒で、ある程度の潤いを持たせてあげる必要がございます。

ここで、注意点ですが!

革の種類、革の上にある加工方法により、全てメンテナンス方法やクリーニング方法が異なります!

また、大切に大切にと思い、潤いを与え過ぎてもいけません!

革が「もうこれ以上は、無理!」と言って、白ボケしてきてしまいますので、注意してください。

このように、しっかりとメンテナンスをしていくだけで、長持ち度が全然違ってきます。

 

長く想い出の詰まった、革張りソファ

大切に使っていきたい方は、お気軽にご相談下さい!

家具販売店さんも、どうやってアドバイスしたらいいのかわからない時は、お気軽にご連絡ください。

ソファ・椅子・チェア 修理特集はこちら!

 

更に、あらたな会社して立ち上げた Le.sits(レシッズ)がございます。

こちらは、捨てられそうか家具を、使っていただけるように、修理やリメイクし販売しております。

まだまだ未熟ですが、ホームページもございますので、よろしかったらご確認下さい。

https://lesits.com/

こちらは、お問い合わせのメールや電話番号も別となっておりますので、ご注意ください。

今後は、もっと面白い家具を作っていきますので、お見逃しなく!

 

 

皮革製品のお困り事がございましたら、捨てられてしまう前に、捨ててしまう前に、ボロボロになる前に、まずはご相談下さい。

それでは、ご連絡をお待ちしております

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-バレーシューズ, パンプス・ハイヒール, レペット, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 靴・ブーツ
-, , , , , ,