イントレチャート ヘビ革 ボッテガ・ヴェネタ ラウンドファスナー 修理事例 名古屋東店 愛知 財布・小物 長財布

ボッテガヴェネタ財布角破れた!交換よりお得な方法教えますよ

2020/05/30

数あるブランド製品には、高い理由がございます。

非常に贅沢に革を使っているブランドが多いです!

 

牛でも羊でも動物の皮から鞣し、革にしております。

でも、自然についてしまったキズがございます。

新品のブランド製品に、最初からキズっぽい部分、無いですよね!

そのような部分を避け、革を裁断してるからです。

革面を大きく必要とする、ソファーも同じです。

良い所だけを使うので、何百万もするソファーが存在します。

 

それでも、使っていくうちに付いてしまう キズや汚れ

そのまま使うには、恥ずかしい!!!!

そんな時は、革修理のプロ  革研究所 名古屋東店にご相談下さい。

ソファー修理、椅子・チェア張り替えから、エナメル修理、ファスナー交換、ジャケット染め直し などなど

皮革製品のクリーニングからメンテナンスまで対応できるお店でございます。

 

 

 

 

 

皆様 こんばんは、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

※名古屋大須店にはスタッフが在住しておりません。店頭での対面お見積りになりますと、豊川工房(〒442-0064 愛知県豊川市桜ケ丘町63-3)になってしまいますので、ご了承くださいませ。宅急便等で送っていただく場合も同じでございます。

 

今回ご紹介させていただくブランド製品は、編み込みで有名な高級ブランド  ボッテガヴェネタ【Bottega Veneta】のラウンドファスナー長財布でございます。

今回のは、茶系の革とヘビ革を交互に編み込んでるタイプです。

角部分には、丸い筒状に巻いてあるパイピング部分がございます。こちらがスレてきてしまい、ご相談頂きました。

スレて革がめくれている部分もございました。

また、編み込んであるイントレチャート部分も蛇革に塗料が付かないように、部分的に修復いたしました。

まずは、ボッテガヴェネタ長財布の革面 修理・修復・染め直し=リペア写真をご覧ください。

Before After
写真 2020-01-29 10 05 06 写真 2020-01-30 9 42 50
写真 2020-01-29 10 05 30 写真 2020-01-30 9 43 35
写真 2020-01-29 10 05 26 写真 2020-01-30 9 43 14
写真 2020-01-29 10 05 14 写真 2020-01-30 9 42 59
写真 2020-01-29 10 05 48 写真 2020-01-30 9 44 57
写真 2020-01-29 10 06 02 写真 2020-01-30 9 45 19
写真 2020-01-29 10 05 55 写真 2020-01-30 9 45 10

ラムレザー(子羊)もカーフ(子牛)も、最初から茶色の地肌ではございません!

なるべく革の柔らかさを出しつつ、茶色の塗装がしてあります。

その塗装膜が薄いため、革が柔らかく持った感の手触りが良く、気に入る方も多いのがボッテガヴェネタと思います。

その反面、長く使っておりますと、今回のように角から傷んできてしまいます。

そのままどんどん傷んでいってしまいます。

どこかで、区切りをつけるため、決断していただき、ご相談いただければと思います。

 

パイピング部分になりますと、逆に強度が欲しいと思いません?

長く使っていく事を考えますと、そちらの方が良いと考えてます。

当店でお直しする場合、多少のキズ痕が残っても良い方は、今回のような表面修理。

傷痕は嫌だな! の方には、交換修理として対応させていただきます。

 

少し話がそれてしまいましたが、パイピング部分と編み込んであるイントレチャート部分の折れ曲がる部分の捲れ部分もお直しいたしました。

また、ファスナー引手も所々スレておりましたので、お直しいたしました。

いかがでしょうか?

 

 

販売目的(メルカリやヤフーオークション等)でお直しする方も最近多いですよね。

たまに、お直しした商品が販売してるのを見かけます!

どのようにお直ししたかは分かりませんが、色が落ちないのかな?とかは、少し心配になります。

または、購入する方は直してある=修理・修復・染め直し=リペアしてある!事に、気づいているのかな?と、思います。

 

 

どれを良しとするかは、使われる方が納得していれば問題ないと思いますが、何か革製品でお困り事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

革研究所 名古屋東店では、今回のような小物類(バッグや財布・靴・ジャケットなどなど)もお直しいたしますが、大きな大型家具もお直ししております。

革面がスレてきた!

白色ソファーが黄ばんだ!黒ずみが付き、目立つ!

お尻の乗る、座面が破れた!

座ると沈んでしまうから、中身が壊れた!

 

などなど。

本革であれば、表面的なリペアもできますので、張り替えなくてもお値打ちに修理ができます。

また、ビリビリ・ボロボロの部分があったとしても、総張り替えする必要がございません!

その部分だけ張り替え、その後お色を統一する。  なんて、技術もございます。

 

人が座る ソファ・椅子・チェア・スツール

その重さに耐えられる表面を作る技術がある、革研究所 名古屋東店

ソファ修理、椅子・チェア修理・修復・染め直し=リペアor張り替え  特集はこちら!

名古屋市内の方より、多くご依頼いただいております。

まずは、家のソファーがどんな加工がしてあり、どんな風に直せるのか?

その他、気になる点があれば、お気軽にご相談下さい。

 

 

お客様のお持ちの皮革製品

長く使っていけるための、お手伝いができれば光栄です!

 

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-イントレチャート, ヘビ革, ボッテガ・ヴェネタ, ラウンドファスナー, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 財布・小物, 長財布
-, , , , , , , , ,