シャネル 修理事例 名古屋東店 愛知 財布・小物 2つ折り

シャネル財布の汚れ・角スレ!クリーニングで綺麗にならない理由教えます!

あなたのお持ちの革製品   何色です?

その革は、牛ですか? 羊ですか? ヤギですか? それとも、ワニですか?

 

革素材にはいろいろな動物が使用されております。

高級ブランド品になりますと、子羊や子牛が多く使われております。

牛の皮から革に鞣す工程を得て、レザー製品となっております。

その皮の状態というのは、人間と同じような肌色で、そこから鞣し青白っぽくなります。

 

赤や黒、茶色の地肌のままの牛はいないですよね!

鞣したあと、何らかの加工がしてあります。

お色で染まっていたり、塗ったあったりします。※お色の入っていない加工の革もございます。

 

ただ、どのように加工してあるか?  で、ございます。

 

そのような革の加工方法、革の劣化具合、乾燥具合

すべてを見ながら修理・修復・染め直し=リペアするお店  革研究所でございます。

エナメル修理、ソファ―修理、椅子張り替え、チェア張り替えも対応できるお店でもございます。

気になる革製品(ソファー・椅子・チェアの方は、革素材で無い場合、基本張り替え修理になります。そちらも対応しております。)をお持ちの方!

ボロボロ・ベタベタになる前に、手遅れになる前に、まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

皆様 おはようございます。

革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させていただきますブランド商品は、高級人気ブランド  シャネル【CHANEL】赤色 長財布の角スレ修理でございます。角スレ部分が汚れ・こすれ、傷んでおりました。

今後の事を考えて、角スレ部分をメインに修理・修復・染め直し=リペアしますが、外面 全体的にメンテナンスもいたしました。

 

クリーニングだけでは汚れは落ちますが、赤色の塗装膜は戻りません!

また、黒ずみが落ちるとの同時に、赤色の塗装膜も落ちてしまう場合がございます。

よって、今回のお財布修理は、表面クリーニング後、お色を入れる修理として提案させていただきました。

 

それでは、長財布の角スレ修理・修復・染め直し=リペア写真をご覧ください。

 

Before After
IMG_2077 IMG_2351
IMG_2078 IMG_2352
IMG_2081 IMG_2355
IMG_2083 IMG_2353
IMG_2085 IMG_2359
IMG_2084 IMG_2358
IMG_2087 IMG_2361

角が特に黒ずんでおりました。

一部、表面の革が無くなっている部分もございました。

このままでは、その穴がどんどん広がっていってしまう為、塗料で埋めながら強度も考え、リペアさせていただきました。

全体的にお色を修復し、もう一度表面を整えた内容の修理・修復・染め直し=リペア方法でございます。

破れ・黒ずみも改善し、綺麗になりましたよね!

いかがでしょうか?

 

 

 

 

どの商品も、その形により一番最初に傷んでくる所が、皆さん同じです。

お財布と言いましても、長財布・ジッピーウォレット、ラウンドファスナー、コインケースなどなど、色々な言い方がありますが、どれもやはり角から傷んできます。

革製品の修理として、皆さん良くご存知なのが、クリーニングですよね。

クリーニングの方法でも、色々とございます。

町のクリーニング屋さんがやっているクリーニングは、丸洗いが多いです。

最近では洗剤の進化により、革製品も丸洗いしても変形・収縮もしないです。

革研究所でも、そのようなクリーニングも対応しております。

 

ですが、革研究所では、その革の状態に合わせ、クリーニング方法を変えていきます。

ここが一番のポイントでございます!

 

丸洗いが必要なのか?

表面的なクリーニングだけでも、良いのか?

お使いになっている状況も関係してまいります。

そのような点を考え、クリーニング方法から提案させていただきます。

 

 

革研究所では、その他色々な修理・修復・染め直し=リペアを対応しております。

リペアだけでなく、椅子の張り替え修理も対応しております。

通常の張り替え屋さんでは対応できない、革張りソファー 部分張り替えなども可能です。

※部分的に張り替え、お色を入れる事で、張り替えた所だけ違和感が出ない方法

 

 

まずは、気になる商品を手に、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

お電話していただいても構いませんが、メールやラインで画像を送っていただき、その画像を見ながらお話しさせて頂くのが、最も良い流れです。

そのような点も踏まえ、ご検討宜しくお願い致します。

 

 

手遅れになる前に、まずは無料相談を!

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-シャネル, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 財布・小物, 2つ折り
-, , , , , ,