イス・ソファ・チェア カリモク 修理事例 名古屋東店 愛知 長椅子 3人掛け(トリプルソファ)

革ソファー修理!カサカサ状態からメンテナンスでは遅いです!表面リペアのご相談を

動物の皮から腐らないように鞣し、革にします。

でも、やはりもとは動物の皮です!

 

革本来の姿をなるべく壊さないようにと、あまり加工のしていない革もあれば、長く使っていくことを考え、塗装してある革もございます。

そちらは、やはり皆様 見た目で判断し、購入しますよね?

牛や羊、鹿、馬、ダチョウ、ワニ、ヘビ、エイ・・・・

いろいろな革がございます。

 

皮⇒革になってしまっても、人の肌と同じように、乾燥してきます!

ご存知でした?

 

多くの方は、革製品に上記のような異変が起こり、どうしよう?  と、考えます。

ご自分でお手入れするには、既に手遅れの状態でございます。

革が乾燥し、表面が傷んできますと、何を塗っても、表面は再生されません!

革表面修理として、表面を作り直す   リペアになってしまいます。

 

乾燥と言いましても、どれ?

キズなの?凹みなの?  と、見方はそれぞれです。

でも、そのような革の加工方法や乾燥具合、キズの深さ、色あせ・変色・褪色具合等を確認させていただき、修理・修復・染め直し=リペア方法を提案させて頂きます。

張り替え修理、交換修理は、最終手段とお考えください!

 

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

※名古屋大須店では、スタッフが在住しておりません。名古屋市内の方より、多くのソファー修理、椅子修理&張り替えをご依頼いただくため、ちょっとした中継地点となっております。基本は、豊川工房(〒442-0064  愛知県豊川市桜ケ丘町63-3)にて作業をしております。スタッフもこちらにしかおりませんので、ご注意ください!

 

今回ご紹介させていただきます商品は、3人掛けの革張り(一部合成皮革)ソファー修理でございます。

冒頭でもお伝えさせて頂いたように、革も人の肌と一緒で乾燥してまいります。

人間は生きているので、潤いを与えると肌が再生いたします。

でも、皮⇒革になった状態ですと、そのように再生はいたしません。

基本、そのように乾燥させない為に、メンテナンスが必要になってきます。

こまめにメンテナンスしていても、いつかは乾燥してきてしまいますし、傷みも出てきます。

だからと言って、買い替える!  処分する!  ではなく、修理・修復・染め直し=リペアして、もう一度使っていく方法も視野に入れ、考えていただけると、革リペア職人として嬉しく思います!

 

だいぶ話がそれてしまいましたが、3人掛けソファーの座面が乾燥し、革が薄くなり、少し破れてしまっている箇所も確認できました。

ベストは、傷んでいる座面(お尻の乗る面)だけ新しい革に張り替え修理し、その後お色を統一する部分張り替え修理が一番です。ですが、予算の関係もあり、リペア後上記の内容よりは長くは使っていけませんが、革 表面リペアと言うことで、ご説明させて頂き、お直ししていきました。

 

それでは、3人掛けソファー 革表面修理(リペア)の施工写真をご覧ください。

Before After
施工前 (1) 施工後 (1)
施工前 (2) 施工後 (2)
施工前 (3) 施工後 (3)
施工前 (11) 施工後 (11)
施工前 (5) 施工後 (5)
施工前 (7) 施工後 (7)
施工前 (14) 施工後 (14)

座面を見て頂きますと、良くわかるように、白くなってますよね!

ネイビー系のお色の革でありますが、こんな色をした地肌の牛はいないですよね!

と、いう事は!

革の上に、このネイビー系のお色の塗装膜があるという事です。

その塗装膜が、座る際の摩擦でスレ、ハゲてしまい、革の地肌が出ておる状態でございます。

この塗装膜が無くなってしまいますと、革は一気に乾燥していきます。

ちょっと、ハゲてしまったな!!!!!から、非常に早く乾燥していき、このようになってしまいます!

 

当然、革の厚さとしても、薄くなってきてしまいます。

革の表面を今回のように、張り替えずに修復しても、革の厚さは戻りません!

そのような点から、部分的な張替えも提案させて頂きました。が、今回は、表面的な修復という事で、張り替えずにお直しさせて頂きました。

 

今回のような革の状態でリペアさせて頂く事で、リペア後のメンテナンスが非常に重要になってきます!

先ほどもお伝えいたしましたが、革の厚さとしては変わりないので、乾燥させないためにも、しっかりと定期的にメンテナンスをしていただく事で、このような修復内容を提案させて頂きました。

注意:革のメンテナンスとして保湿してあげるのがメインとなります。ですが、与えすぎもいけません!革が白く濁り、お腹いっぱいになってしまうからです。やれば良い!では、ありませんので、ご注意ください!

 

 

ソファー修理、椅子修理、チェア張り替え

素材に応じ、革素材以外のイス類も対応しております。

 

張り替え修理は、最終手段です!

そちらも踏まえ、張り替えない修理方法も視野に入れ、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

気になるソファー、椅子・チェアがございましたら、まずはお写真を送っていただきたいと思います!

その後、お写真をメールかラインにて送信していただき、その後お電話していただけますと、非常にスムーズに解決に向かって行きます。

お写真の送り方がわからない!苦手な方は、まずはフリーダイヤルにお電話いただければと思います!

 

 

 

愛情を注ぎ、もう一度使っていきませんか?

 

 

それでは、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-イス・ソファ・チェア, カリモク, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 長椅子, 3人掛け(トリプルソファ)
-, , , , , , ,