イス・ソファ・チェア ウレタン補充 カウチソファ クッション ファイブバイファイブ 修理事例 名古屋東店 愛知

レザーソファーのへたり・汚れ!リペアでも綺麗になるのご存知です?

革張りソファー修理といいますと、張り替え修理しかない!!!!

 

なんて、思っている方も多いのではないでしょうか?

まだまだ革製品=レザー製品の修理・修復・染め直し=リペアと言う技術をご存知でない方も多いです。

当然、ボロボロ・ビリビリな状態ですと、張り替え修理を選択するのをお薦めいたします。

でも、革の表面的な汚れや深くないひび割れの状態であれば、張り替えなくても革表面のリペアで、また長く使える状態に戻ります!

 

こちらは、基本 現在お使いの革の加工方法がどうだったのか?

今現在、革がおじいちゃん・おばあちゃんの肌のように、乾燥してしまっている状態なのか?

※お年寄りの方でも、しっかり肌をメンテナンスしている方の肌は綺麗ですよね!革製品も一緒と考えていただければと思います。

そのような革の状態で、仕上がりも大きく変わって参ります。

バッグ・鞄・靴・財布・ジャケットなどなども、一緒でございます。

 

ある程度の判断は、画像でも可能です。

まずは気になる商品がございましたら、お気軽に革研究所にご相談いただければと思います。

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させていただきます商品は、ファイブ・バイ・ファイブ【five・by・five】と言うブランドのカウチソファーでございます。

革は白色に近い革色でございました。でも、長年のご使用で、クッションの中の羽毛がへたってしまい、ぺったんこになっているものもございました。革の表面はデニムの青色が染みておる状態でもありました。

でも、革の厚さもあり、深くひび割れた箇所も少なく、しっかりとしたソファーであったため、充分修理・修復・染め直し=リペアで対応可能と判断させて頂き、ご依頼いただきました。

それでは、大型カウチソファーの修理・修復・染め直し=リペア写真をご覧ください。

Before After
写真 2019-03-11 11 55 57 写真 2019-04-02 9 31 55
写真 2019-03-11 11 52 14 写真 2019-04-02 9 32 34
写真 2019-03-11 11 52 21 写真 2019-04-02 9 32 42
写真 2019-03-11 11 53 01 写真 2019-04-02 9 33 31
写真 2019-03-11 11 52 52 写真 2019-04-02 9 34 48
写真 2019-03-11 11 55 37 写真 2019-04-02 9 41 03
写真 2019-03-11 11 53 21 写真 2019-04-02 9 35 14

白色の革と言うことで、白色の塗装膜が革の上に乗っております。

元々こんなに白色の地肌をした牛はいないですよね!

その白色の塗装膜の上に乗っている汚れをまずは、クリーニングいたしました。

その後、塗料がかかってはいけない部分(クッション裏の布地等)をマスキング(テープで塞ぐ作業)していきます。

ここから革の表面をお直ししていきます。

まずは深いキズやひび割れ部分を修復いたします。

修復は、人が座っても耐えれるよう考え、固まってもひび割れないように埋めていきます。

ここは、起業秘密です。

 

ある程度埋まってきた段階で、お色を入れながら表面を作っていきます。

手触りや色ムラが無いと判断できたら、最後に色止めを噴霧いたします。

しっかりと色止めをすることで、衣服への色移りも無くなります。

 

このような内容で、修理・修復・染め直し=リペアしてきます。

文面で書きますと、このような内容でありますが、その時々によりやり方も変えていきます。

 

元は動物の皮である以上、何でも同じようにはリペアできないのが、革修理と思います!

 

 

ウレタンも補充しフックラしたクッションになり、デニムの色が染み込んでいた部分や黒ずみ、角スレも改善し、綺麗になったと思います!

お客様も、非常に満足していただけました。

いかがでしょうか?

 

 

今回のようなソファ―修理は、張り替え修理よりは安いです。

でも、それなりにいたします。

購入金額も影響してくるとは思いますが、まずはお気軽にソファー修理で検討してみる方が良いと思います。

リペアしても、長く使えないと判断した場合は、傷んでいる部分のみを部分的に張り替える修理もございます。

 

エナメル修理も、ほつれ修理も、ジャケット染め直し修理も!

まずは一度、無料相談を!

 

 

メールやラインにて画像を送っていただき、その後お電話で更に詳しく状態をお聞きする。

これが、一判スムーズな流れと思います。

 

 

それでは、革の表面が激しく傷み、乾燥して、ビリビリ・ボロボロになる前に、ご連絡をお待ちしております。

革研究所の陶山でした。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-イス・ソファ・チェア, ウレタン補充, カウチソファ, クッション, ファイブバイファイブ, 修理事例, 名古屋東店, 愛知
-, , , , , , , , ,