スハリシリーズ ラウンドファスナー ルイ・ヴィトン 修理事例 名古屋東店 愛知 財布・小物 長財布

Louis Vuitton財布修理!色ハゲ黒ずみをリペアする革研究所

有名ブランドのお財布をお持ちの方は多いと思います!

でも、汚れていては使えない!

黒ずんでいては、お会計の時に出しづらい!

そんなお財布を人目を気にしながら使っていませんか?

 

革研究所では、そのようなブランド財布も修理・修復・染め直し=リペア することが可能です!

革素材であれば、全て対応いたします。

エナメル財布の黄ばみ・変色・黒ずみ修理。

エナメルバッグ・かばんの色替え・染め替え。

エナメルくつのひび割れ修理もお任せ下さい。

革張りソファー修理として、張り替えない修理・修復方法もご提案できるお店  革研究所でございます。

 

 

 

 

皆様 こんにちは、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させて頂きますブランド製品は、ルイヴィトン【Louis Vuitton】スハリシリーズのラウンドファスナー 長財布の革表面リペアです。

元のお色 ヴェローヌカラーがハゲてしまい、見た目が悪くて使えないという事で、修理・修復・染め直しさせていただきました。お財布の外面に付いているファスナーポケット周りに元色が若干残っておりましたので、そちらのお色を元に染め直し修理させていただきました。また、革の断面部分もコバ処理し修復いたしました。

それでは、リペア画像をご覧ください。

Before After
IMG_1590 IMG_2165
IMG_1591 IMG_2166
IMG_1599 IMG_2174
IMG_1593 IMG_2168
IMG_1594 IMG_2169
IMG_1596 IMG_2171

黒ずんで見える部分は、表面の塗装膜が摩擦でスレ革の地肌が見えている状態でございます。その部分が黒ずんで汚れているように見えておりました。

同じようなお色を作製し表面クリーニング後、染め直し修理していきました。

お色も戻り、またコバ部分も綺麗に見えていると思います!

いかがでしょうか?

 

 

革研究所では、今回のように革の表面修理を得意としております。

基本、革素材であればこのようにお色を入れながらの修復が可能でございます。

エナメル製品=パテントレザーも修理・修復・染め直しが可能でありますが、エナメル膜の下が革素材で無いとお断りさせていただく場合もございますので、ご理解いただければと思います。

 

その他、本革ソファーのスレ傷やカサカサが気になるから、張り替え修理を検討されていると言う方!

革張りソファーやお椅子・チェアの修理は、張り替え修理だけではございませんよ!

張り替えなくても今回のLouis Vuitton財布のように、表面修復でお直し=リペアも可能です。

人の圧力がかかっても耐えれる柔軟性のある塗料を使用しお直しいたしております。

 

バッグ・かばん・財布・クツ・ジャケット・ソファー等

お問い合わせの際は画像等がありますと、よりお見積りがスムーズでございます。

そちらも含め、まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-スハリシリーズ, ラウンドファスナー, ルイ・ヴィトン, 修理事例, 名古屋東店, 愛知, 財布・小物, 長財布
-, , , , , , ,