ジャケット類 ダウンジャケット 修理事例 名古屋東店 愛知

ラムレザーダウンジャケットスレ・色ハゲ修理!破れる前にリペア相談を!

革には牛や羊、豚、ダチョウ、ワニ、鹿などがございます。

その動物の種類により、革の柔らかさやキメの細かさも違ってきます。

当然傷みの付き方も変わってきます!

特に高級ブランドでは、ラムレザー(子羊)を使用してあります。

その革になりますと、柔らかさはございますが耐久面では少し弱く、シミになりやすい性質を持っておりますし、キズが付きやすいとも言えます。

でも、キズが付いてしまったから、シミ痕がついてしまったからと言って諦めずに、革修理専門店 革研究所にご相談を!

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させて頂きます商品は、トゥモローランド【TOMORROWLAND】と言うブランドのラムレザーダウンジャケットです。

黒色のレザーですが、袖口や肩が特に傷みが見られました。擦れた部分の黒色がハゲて見え、革の地肌が出ている状態でありました。このまま着用していっても、破れまで進行していってしまうと言うことで、ご依頼いただきました。

それでは、修理・修復写真をご覧ください。

Before After
IMG_3246 IMG_5182
IMG_3247 IMG_5184
IMG_3248 IMG_5185
IMG_3249 IMG_5186
IMG_3252 IMG_5189
 IMG_3258  IMG_5195
 IMG_3260  IMG_5197
 IMG_3254  IMG_5191

革の表面がスレ、白く見えている部分が、黒色の塗装膜がスレてしまった箇所でございます。

なるべく柔らかさを維持するのがベストと思い、傷んでいる部分が塗料を吸い硬くならないように注意し、表面を作っていきました。

スレている部分も表面ができ、カサカサしていた傷んでいる部分も改善したと思います!

いかがでしょうか?

 

まだまだ寒い時期は続きます。

シーズンオフになってからでも間に合うような状態であれば、よいのですが?

手遅れになる前に、破れてしまう前に、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

革研究所では、今回のようなジャケット修理だけではございません!

もう既に今年も2月に突入です。徐々に春に近づいていきます。

春の季節といいますと、卒業式・入学式もございます。

更に転勤等の関係でお引越しも多くなる時期でもございます。

その引越しのついでに、大きな家具 ソファ(応接ソファセット、3人掛け、2人掛け、1人掛け、ダイニングチェア、リクライニングチェア、デザインチェアなどなど)の修理・修復のタイミングと思います!

新居に適した状態でお届けさせていただければと思っております。

お尻が乗る面(座面)のスレ、カサカサ表面修理。

ウレタン補充。色あせ修理。

表面クリーニング。なども対応しております。

名古屋市内はもちろん、愛知県内(もちろん他県もお任せ)すべてに対応可能なお店でございます。

 

張り替えなくても十分修理できる状態のものもございます。

革が乾燥し傷み、手遅れになる前に、こちらもご相談ください。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-ジャケット類, ダウンジャケット, 修理事例, 名古屋東店, 愛知
-, , , , ,