ジャケット類 修理事例

革ジャンの色あせ・色落ちが気になる方!元のお色覚えてます?染め直し修理も革研究所

革製品にはいろいろな可能がしてあります。

 

アニリン仕上げのように、塗装膜の耐久性が無い状態のものはやはり、色あせや色落ちしてしまいます。

またほとんどの革に用いてある、セミアニリン仕上げはアニリン仕上げと顔料仕上げの中間的な状態で、少量の顔料を使う事で銀面のキズを隠し、その後に染料で調色する事で顔料感を消す仕上げのものもございます。

革の柔らかさを重視している革は、アニリン仕上げが多いですが、その中でもこのようにセミアニリン仕上げのものもございます。

このような革の質感(柔らかさ)を重視してある革になりますと、やはりお色の褪色も早いです。

クローゼットに入れておいたのに、片側だけ日焼けしている。

肩部分の色が薄くなってきている。

などなど、お色の抜けてしまった状態のものもあると思います。

革と革が重なっている部分やポケット中のお色等が元のお色として残っている場合がございますので、そちらを確認していただけますと、どれくらいお色が変色しているか分かると思います。

お色の色あせ・色落ち・日焼け・褪色等が気になる方は、まずはお気軽に革研究所にご相談下さい!

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させて頂きます商品は、女性もののレザージャケットです。

革と革が重なっている部分を見ますと、茶色系のお色であったことが分かります。そのお色が褪色し抜けてしまったと言うことで、染め直し修理のご依頼でございます。

まずは、修理・修復画像をご覧ください。

 

Before After
IMG_2805 IMG_5075
IMG_2812 IMG_5082
IMG_2817 IMG_5085
 IMG_2815
 IMG_5084
 IMG_2810  IMG_5080
 IMG_2806  IMG_5076
 IMG_2811  IMG_5081

ウエストの幅をホックで調節する所の内側に元のお色が残っておりました。また、ファスナー布地のお色や、内側のお色も濃い部分が残っておりました。

 

使われている革(動物の種類 今回はラムレザー=羊革)は同じでも、どの部位の革かで染まり方が違ってきますので、どうしても色の違いが出ている部分もございました。

それを無理に統一しようと思うと、やはり塗った感が出てしまいます。なるべく塗った感が出ないように、染め直し修理をいたしました。

いかがでしょうか?

 

 

革研究所で使用しております塗料は、レザーリペア用に開発された塗料でございます。

今回使用しました塗料は、質感を重視することも求められます。また、お色の耐光性も求められます。

光による劣化に対する抵抗性。自然環境の中で受ける影響の中で、光による変化が比較的大きく、特に紫外線による作用が大きい。天然繊維をはじめ合成繊維も多かれ少なかれ、光による分解で黄変したり、強さが低下したりする。光に含まれる紫外線や青色の可視光には、漂白、酸化作用があり、染料や顔料の退色を引き起こし、さらに長時間照射すると、銀面や仕上げ塗膜が劣化いたします。

このように、お色の褪色は防ぎようがございません。でも、なるべく日焼け・褪色しないように、また革が硬くならないように修理・修復させいただく事も考え、お受けさせて頂いております。

 

ですが、やはり革表面に傷みがあり、革が乾燥してしまった状態になっておりますと、元の状態に戻すことができない場合が、ございます。その分革が硬くなってしまいますので、早めの修理・修復をお薦めさせて頂きます。

 

 

まだまだ使えるから、修理・修復・染め直しの相談はいいや!と思っていると、どんどん革が傷んでいきます。

長く使っていきたいと思う方は、まずはお気軽にご相談下さい!

 

その他の皮革製品でも同じような事が言えます。

特に革張りソファになりますと、張り替え修理が最も高額になります。

傷んだ部分だけ張りかえても、色艶に違和感がでます。だから全部張り替えるとなりますと、新品が買えるくらいの金額になってしまいます。

高いから、革から合成皮革に素材を替え張り替える方もおられます。その後座った時に、やはり素材の違いからがっかりされる方もおられると思います。

 

そのような修理・修復も革研究所であれば、色々な修理方法を提案できます。

全て張り替える修理より、かなりお安くできると思います!

まずは、お気軽にご相談いただければ幸いです。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-ジャケット類, 修理事例
-, , , , , ,