バッグ・かばん モノグラム ルイ・ヴィトン 修理事例

【ルイヴィトン】ヌメ革持ち手交換、底染め直し修理で、まだまだ現役続行に変身したバッグ!

非常に人気の高い ルイヴィトン【Louis Vuitton】モノグラム

でも、モノグラム部分以外の革部分はヌメ革と言い、雨シミ等の痕が残りやすい革でございます。

モノグラム部分は塩ビ素材になるため、長く使っていけますが、どうしてもヌメ革部分の汚れが気になる方は、必見です!

長く使って頂きたく、修理・修復させていただきますが、交換修理した方が良い場合もございます。

現状の革の状態を確認しながら、修復金額と相談していただき、修理・修復・染め直しの内容を決めて頂ければと思います。

そんな提案をする修理工房が、革研究所 名古屋東店でございます。

 

エナメル修理・ソファー修理も・ジャケット修理・靴修理 すべてに対応できるお店 革研究所でございます。

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店の陶山(すやま)です。

今回ご紹介させて頂きます商品は、ルイヴィトン モノグラムのトートバッグです。

持ち手付け根部分のヌメ革がちぎれそうになっておりました。革が乾燥してしまい、このような状態になっていってしまいます。こうなりますと、修復しても強度が保てないため、交換修理を提案させて頂ました。持ち手は染め直しと言うお話もございましたが、黒ずんでいいた部分の油分を抜くとこちらもひび割れが起き、乾燥しておりましたので、交換修理となりました。

底部分のヌメ革はまだまだ現役を過ごせそうでしたので、染め直し修理を提案させていただきました。

 

Before After
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底部分は交換した持ち手と持ち手付け根部分のヌメ革のお色に合わせせることで、違和感なく仕上がったと思います。

ルイヴィトンのヌメ革の特徴といたしまして、黄色の糸目(ステッチ)がポイントとなります。

こちらの糸目が、染め直すお色に染まってしまわないよう、ステッチ残しオプションで修復させて頂きました。

ヌメ革の自然な風合いをできるだけ再現したく、表面を作ってから染めていきました!

いかがでしょうか?

 

 

革研究所では、ヌメ革すべて交換する訳ではございません!

革の状態を見て、交換した方が良いと判断した場合はそのように提案させて頂きます。

また、現状の革でお直しした場合の注意点もお伝えさせて頂きます。

 

革製品の修理・修復・染め直しを毎日しておる技術者たちが、お客様のバッグ・靴・財布・ジャケット・ソファー・椅子 etc

などのご相談に乗らさせて頂きます!

 

最も良いのが、画像を送っていただきますと、非常にスムースにお見積りが可能でございます。

また、サイズ(バッグならばタテ+ヨコの合計㎝ ソファーであれば、長さだけでも構いません)もお教えいただけると幸いです。

 

 

気になっているけど、どうしよう?

と、迷ってないで、まずはお気軽にご相談下さい。

修理・修復して、もう一度使ってあげてください!

そんなお手伝いができれば光栄です。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
修理価格や注文方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
革研究所 名古屋東店

▽電話での問い合せ
0120-134-939
▽メールでの問い合せ
info-toyohashi@kawa-kenkyujyo.net
▽ラインでの問い合せ
LINEで問い合せはこちら
※あらかじめ友だち登録をお願いします。→LINEの友だち登録方法

★エナメル加工の汚れや傷も修理できます→エナメル修理
★傷んだソファもキレイに☆→ソファ修理

-バッグ・かばん, モノグラム, ルイ・ヴィトン, 修理事例
-, , , , , , ,